自滅しがち

その時の気持ちを忘れないために

新卒入社したSIer子会社を2年で辞めて転職しました。

転職しました。

専門学校を卒業し、入社した地元の大手SIer子会社を2年で退職し転職しました。
この新鮮な気持ちを忘れないために備忘録として残しておきます。

割とSI的な仕事は嫌いではなかったのでSI批判とかはないです。(COBOLは除く)

お前だれ?

田舎で客先常駐(親会社)してた弱いエンジニア(?)です。
新卒1年目はCOBOLを書いてて2年目は金融系システムの運用保守(サービスデスク)をやっていたのでエンジニアと呼べるかは疑問です。
1年目の肩書はSE
2年目はインフラエンジニア兼オペレーションエンジニアでした。(契約書見た時は笑った。)

どこに転職した?

事業会社のIT部門です。PHPを書いたりしてます。
課題が山積みの企業なので、その課題解決の過程に関われるのはとても楽しみだな〜とか思ってます。
苦労も多いだろうけど...

(エンジニアとしては)ほぼ未経験をよく雇ってくれたなと思います。
伸びしろを評価していただいて雇っていただけたと思うのでこのチャンスを逃さないよう潰れない程度に頑張ろうと思います。

なんで転職したの?

  • エンジニアとしてお賃金を貰ってご飯を食べたかった。
    • 将来的なキャリアへの不安(Excel方眼紙マスター)
  • 働く場所を選ばず仕事ができるようになりたかった。(リモートワーク的な意味で)
  • 客先常駐の派遣でいる限りなにかのプロセスを決定する場での意思決定権を獲得できないから。

おそらくと言うか十中八九、転職しなければ開発系の業務につけないことが容易に想像できた。
毎日Excelで仕事するのは嫌いじゃないが、どれだけ出世しても重要なプロセスの意思決定権は獲得できない立場であることがもどかしかった。
(運用やってたので運用改善とか大好きだった。)
自社の上司の姿を見ていて失礼ですがアレにはなりたくないなと思いました。(社会人の先輩として尊敬しています。)

まあ、アレです。

辞めたいから辞めたってやつです。

SI批判とかはないです。(おそらく今、思い出補正がかかってるからでてこない。) 大規模な基幹システムや金融系システムの内部を自身の目で見れた経験は大変貴重だったなと思います。

前職は何してたの?

新卒1年目は配属ガチャで負けCOBOLをやってました。
ブログを読み返したり(下書きで公開していないもの含む)過去のTweetを見たりすると本当に病んでたなと思います。
毎日死んだ目をしながら仕事に行って帰ってからWANIMAを聞いて泣いたりしてました。
「俺ってメンタルこんなに弱かったんだ」とか思ってました。(労働環境がブラックとかではなく旧時代的な環境に適応できず自滅した感じです。)

1年目のとき思ってたことはこれが代弁してくれてます。

anond.hatelabo.jp

2年目は金融系の部署でシステム運用をやってました。
ほぼ毎日、本番障害でお客様に怒鳴られて辛かったですがCOBOLの部署より100倍マシでした。
部署の雰囲気が良かったんだと思います。

シフト勤務と途中で始まった夜勤を除けば運用って仕事は自分にあっていたし楽しかったなって思います。
ずっとお客様に詰められてたので白髪は増えましたが。

あとインフラの知識を叩き込んでもらえたのは良かったなって思います。
それなりの規模のインフラ構成を学べたのはこれからも活きるだろうなって思ってます。

これからのこと

新卒の教育とか任せてもらえそうな感じなんでSIerで学んだ経験とかをうまく伝えれたらいいなとか思ってます。
年収上げるために頑張って勉強続けたいなと思います。

謝辞

  • レバテックキャリアの担当エージェントさん

宣伝乙と言われても構わないくらい感謝してます。
田舎民の東京での転職活動はなかなかに辛かったので唯一の理解者と言っても過言ではないくらいです。

エージェントガチャで当たりを引いたってのも大きいです。

ずっとリモートで転職後にこの前、初めてランチで対面しました笑

雑感

まとまりのない文章になってしまった。
ポエム力が低下している。

2018年を振り返る ~COBOLerからシステム運用に転生した話~

Good bye 2018

2018年ダイジェスト

  • COBOLerからシステム運用に転生
  • 彼女に振られる
  • 技術書への投資が過去最高額

COBOLerからシステム運用に転生

鬱っぽくて不眠気味になる。会社も遅刻ギリギリで駆け込み。もう次の職の宛もなかったけど退職の意志を会社に伝える。
しかし、実は次の現場が決まっている状態だった。次の現場がとても良さそうに聞こえたので退職を引っ込めた。(有給の日に呼び出されて会議室に軟禁されたりしてそれに負けた。)
ここで初めて現場に入る前の面接を経験する。

COBOL書いたりテストばっかりしていたと思ったら、目が覚めたらクラウドサービスの運用に転生していた。

何を言っているか(ry
割と最近できた部署なため年齢層が若く技術に尖った人が多い。とても楽しい。自分より技術に詳しい人ばっかり。
そして、慣れないシフト勤務と本番障害の修羅場に震える。
今回の現場は自社の人たちでチームを組んでおり先輩たちにめちゃくちゃ可愛がってもらえる。(雑用係として)

性格的に話すことが好きなので運用としてお客様と会話するのが楽しい。お客様から指名してもらえるくらいには認知してもらえて(担当制なわけではない。)
自分に任せれば大丈夫くらいにはお客様と信頼関係を築けてると思う。(自意識過剰)
割とやらかしも多く(プロパーの)上司にカバーしてもらった。現場で当たるプロパーの人は本当に優秀で尊敬できる人ばかり。
この期間に出張も経験。2回目から一人でお客様先へ行かされて震える。N億円のシステム起動しなかったらどうしようと不安でいっぱい。

運用のコツ箇条書き

  • お客様を不安にさせないために堂々としておく。

ずっと謝ってても埒が明かないし、わからないことを聞かれたときに歯切れの悪い回答をすると「こいつで大丈夫か?」と思われるので「確認して回答する。」としれっと流す。
(次に連絡するときにちゃんと確認しておかないと死ぬ。)
ずっと謝ってるばかりだと逆に不安にさせてヒートアップさせてしまう(経験談

  • 聞かれる前に連絡

お客様から連絡が来る前にこっちから連絡。これ大事。「連絡したくないなー」と思ってもとりあえず受話器を取る/メールを書くこれ大事。(本番障害時は特に)

彼女に振られる

結婚を前提に付き合ってください。と元カノとよりを戻して彼女の親にまで挨拶に行ったのに振られる。
遠距離恋愛でかかった交通費プライスレス。貢いだ金額プライスレス。(絶対に計算したくない。)
彼女を振り向かせることができる魅力ある男になれなかったと少し落ち込む。

技術書への投資が過去最高額

技術書と言うより技術系の書籍、自己啓発も含めていいですか?推理小説やルポとかも合わせると15冊くらい購入してる。別で購入本のまとめ記事を作ろうと思う。
今年はTwitterで「執筆しましたー」とかおすすめとか見かけるとサラッと調べて興味が出たら買ってた。
今は運用でインフラの面倒も見てるので基盤系の技術もお勉強した。Progateにも課金してフロントの基礎のお勉強もした。少し技術の幅が広がったと思う。

総括

仕事はポジティブなことばかり書いたけども基本的に週2,3本番障害が発生していて疲弊してる。怒られるの辛い。
ただしCOBOLの現場よりは100倍マシ。だがシフト勤務。お前はダメだ。
Progateのおかげで基礎が理解できてトレンドになってるWeb系の技術のキャッチアップが楽になった。
MacBook買ったのも相まってどこでもコードがかけるってのが良い。

Review in 2017

2017年を振り返ってみる。

id:otiai10 さんのブログを読んでからVPSでやってたWordpressのブログだったり
ブログがなければFacebookなりに振り返りと次の年に向けた抱負を書き残している。

「これからの」1年で何ができるかと聞かれれば、何でもできる気がする。 しかし「この」1年で何をしたかと聞かれれば、何もしていないような気がする。

ストックはフローに、そしてフローをストックに ⊂( ^ω^)⊃ - WETな備忘録

この引用が自分の心に重くのしかかる
これからの1年期待であふれているくせに後ろを振り返ってみれば何も残っていない
そう言う1年を過ごすのがとても悲しく嫌なのだ

正直言えば転職活動をする/していると言う不安でおしつぶされそうだが

2017年はどんな年だった?

私の1年は幸せをつかめた1年だったのかなと思う。
彼女とよりを戻せた事が一番の出来事だ。

別れた瞬間解放されて、女の子と遊んだり新しい彼女ができたり
ただ遊びたいの感情を好きと言う感情と勘違いして付き合ってしまい
女の子各位には大変申し訳ないことをしました。

ただ、一方で楽しみにしていた仕事が想像と剥離しすぎていた。
面接では精一杯プログラムを書いてものを作る事が好きだ、
それを仕事にしたいとアピールしたのだけれど

まさか某ベンダーのパッケージしか扱わない部署に配属になってしまうとは笑

続きを読む

放送大学の面接授業を受けてきた

放送大学の面接授業を受講してきました。

履歴書に書く志望動機が思いつかないので現実逃避で下書きに眠ってた記事を
投稿していく。

情報化社会と大学教育

授業のシラバス

放送大学面接授業|( 富山学習センター )

講師は苑 復傑 先生
苑 復傑 - 研究者 - researchmap

参考書:大学の教育力―何を教え、学ぶか(金子 元久/ちくま新書)

GDで「大学の授業料無償化の是非について」
これが一番面白かった

続きを読む