自滅しがち

その時の気持ちを忘れないために

新卒入社したSIer子会社を2年で辞めて転職しました。

転職しました。

専門学校を卒業し、入社した地元の大手SIer子会社を2年で退職し転職しました。
この新鮮な気持ちを忘れないために備忘録として残しておきます。

割とSI的な仕事は嫌いではなかったのでSI批判とかはないです。(COBOLは除く)

お前だれ?

田舎で客先常駐(親会社)してた弱いエンジニア(?)です。
新卒1年目はCOBOLを書いてて2年目は金融系システムの運用保守(サービスデスク)をやっていたのでエンジニアと呼べるかは疑問です。
1年目の肩書はSE
2年目はインフラエンジニア兼オペレーションエンジニアでした。(契約書見た時は笑った。)

どこに転職した?

事業会社のIT部門です。PHPを書いたりしてます。
課題が山積みの企業なので、その課題解決の過程に関われるのはとても楽しみだな〜とか思ってます。
苦労も多いだろうけど...

(エンジニアとしては)ほぼ未経験をよく雇ってくれたなと思います。
伸びしろを評価していただいて雇っていただけたと思うのでこのチャンスを逃さないよう潰れない程度に頑張ろうと思います。

なんで転職したの?

  • エンジニアとしてお賃金を貰ってご飯を食べたかった。
    • 将来的なキャリアへの不安(Excel方眼紙マスター)
  • 働く場所を選ばず仕事ができるようになりたかった。(リモートワーク的な意味で)
  • 客先常駐の派遣でいる限りなにかのプロセスを決定する場での意思決定権を獲得できないから。

おそらくと言うか十中八九、転職しなければ開発系の業務につけないことが容易に想像できた。
毎日Excelで仕事するのは嫌いじゃないが、どれだけ出世しても重要なプロセスの意思決定権は獲得できない立場であることがもどかしかった。
(運用やってたので運用改善とか大好きだった。)
自社の上司の姿を見ていて失礼ですがアレにはなりたくないなと思いました。(社会人の先輩として尊敬しています。)

まあ、アレです。

辞めたいから辞めたってやつです。

SI批判とかはないです。(おそらく今、思い出補正がかかってるからでてこない。) 大規模な基幹システムや金融系システムの内部を自身の目で見れた経験は大変貴重だったなと思います。

前職は何してたの?

新卒1年目は配属ガチャで負けCOBOLをやってました。
ブログを読み返したり(下書きで公開していないもの含む)過去のTweetを見たりすると本当に病んでたなと思います。
毎日死んだ目をしながら仕事に行って帰ってからWANIMAを聞いて泣いたりしてました。
「俺ってメンタルこんなに弱かったんだ」とか思ってました。(労働環境がブラックとかではなく旧時代的な環境に適応できず自滅した感じです。)

1年目のとき思ってたことはこれが代弁してくれてます。

anond.hatelabo.jp

2年目は金融系の部署でシステム運用をやってました。
ほぼ毎日、本番障害でお客様に怒鳴られて辛かったですがCOBOLの部署より100倍マシでした。
部署の雰囲気が良かったんだと思います。

シフト勤務と途中で始まった夜勤を除けば運用って仕事は自分にあっていたし楽しかったなって思います。
ずっとお客様に詰められてたので白髪は増えましたが。

あとインフラの知識を叩き込んでもらえたのは良かったなって思います。
それなりの規模のインフラ構成を学べたのはこれからも活きるだろうなって思ってます。

これからのこと

新卒の教育とか任せてもらえそうな感じなんでSIerで学んだ経験とかをうまく伝えれたらいいなとか思ってます。
年収上げるために頑張って勉強続けたいなと思います。

謝辞

  • レバテックキャリアの担当エージェントさん

宣伝乙と言われても構わないくらい感謝してます。
田舎民の東京での転職活動はなかなかに辛かったので唯一の理解者と言っても過言ではないくらいです。

エージェントガチャで当たりを引いたってのも大きいです。

ずっとリモートで転職後にこの前、初めてランチで対面しました笑

雑感

まとまりのない文章になってしまった。
ポエム力が低下している。